PICOトーニングは最新のシミ取り治療機器の一つで、注目のレーザー施術です。

PICOトーニング

シミ取りレーザーマシンの中で、最新と言われているPICOレーザーを用いたトーニング治療がPICOトーニングです。
ダウンタイムがほぼなく、シミや肝斑、くすみを徐々に薄くしていくことができ、従来のレーザートーニングよりも2倍早く効果が実感できると言われています。

こちらのページでは、PICOトーニングの特徴や効果、注意点を詳しくご紹介します。
大手のクリニックの料金比較もありますので、ぜひご参考にしてください。

PICOトーニングとは?

PICOトーニングは、PICOレーザーと呼ばれるレーザー機器で行うトーニングという施術です。
初めて耳にする方はピンと来ないかもしれませんが、わかりやすくご説明していきます。

使用するのはPICOレーザー

PICOトーニング

引用元:品川美容外科

PICOトーニングで使用するのは、PICOレーザーと呼ばれるレーザーマシンです。
PICOレーザーは複数のメーカーが製造しており、どこのメーカーのPICOレーザーを導入しているかはクリニックによって異なります。

◇ 主なPICOレーザーの機種名

  • ピコシュア
  • エンライトン
  • ディスカバリーピコ
  • ピコウェイ
  • ピコドリーム

PICOレーザーは従来のレーザーマシンよりもシミ治療に効果的だと言われています。
その理由は、非常に短い時間でレーザーを照射できるからです。
その速さは「ピコ秒」と呼ばれ、なんと「1秒の1兆分の1」に当たる短い時間です。

ピコ秒の説明画像pulse

これまでシミ治療で用いられてきたQスイッチレーザーの照射時間は「ナノ秒」の照射でしたので、PICOレーザーの照射時間はそれよりも圧倒的に短いことがわかります。
ピコ秒の照射が可能なPICOレーザーの大きな特徴を2つご紹介します。

1
ダメージが少ない

PICOレーザーはピコ秒という驚異的な短い時間でレーザーを照射できるため、熱ではなく衝撃波によってメラニンを粉砕することができます。
それにより、従来のレーザーに比べて照射部の周辺が熱の影響を受けにくくなっています。

PICOレーザー照射時の肌へのダメージ比較

そのため、照射時の痛みや照射後の色素沈着や火傷などの肌ダメージが少ないというメリットがあります。

2
効果が高い

PICOレーザーは従来のレーザーでは砕ききれなかったサイズのメラニンをより細かく粉砕することができます。

メラニン色素粉砕のイメージ比較画像

粒が細かいほど代謝によって排出されやすくなります。
そのため、効果を実感できるスピードがこれまでのレーザーの2倍早くなったと言われています。

トーニングとは?

次に、PICOトーニングの“トーニング”とは何かをご説明します。
レーザーによるシミ取り治療というと、ピンポイントのシミにレーザーを集中照射して焼きとるイメージがあると思います。
トーニングは、それよりも弱めのパワーで広範囲に複数回、照射を行う治療法です。

シミ取りレーザー・トーニングの照射範囲

健康な肌細胞には極力ダメージを与えずにメラニン色素だけを細かく粉砕し、ターンオーバーによって粉砕したメラニン色素を体外へ排出します。
また、トーニングではコラーゲン生成に関わる線維芽細胞を刺激するため、肌のハリや毛穴の開きにも効果が期待できます
繰り返しの治療が必要ですが、ピンポイント照射での治療ができなかった肝斑や、広い範囲にシミがある方、ダウンタイムを取れない方に有効な治療です。

ピコ秒の照射が可能なPICOレーザーで行うPICOトーニングは、従来のQスイッチレーザーによるトーニングよりも、肌にダメージを与えずに早く効果的に治療が行えるということです。
照射時はゴムでパチンと弾かれるような痛みを感じますが、麻酔をするほどではありません。
施術時間は10〜20分ほどで終了します。

PICOトーニングの効果

  • ◇ 

    シミ、そばかす、ADM

  • ◇ 

    肝斑

  • ◇ 

    くすみ、色むら

  • ◇ 

    トーンUP

  • ◇ 

    肌のハリ、弾力

  • ◇ 

    毛穴の開き

PICOトーニングの術後

シミ取りレーザー・PICOトーニングを受けた後の女性

PICOトーニングを受けた後は、赤みや腫れ、ピリピリとした痛みが出る場合がありますが、1日以内に治ります。
特に違和感がなければ、治療後からメイクをしても問題ありません。
目立つかさぶたができることはなく、テープで保護する必要もありません。

施術後は肌がデリケートな状態になっていますので、保湿ケアや紫外線対策をしっかりと行いましょう。

PICOトーニングの回数と頻度

PICOトーニング施術室の様子

これまでのレーザー機器によるトーニングと比べると、PICOトーニングは半分の回数で効果が実感できると言われています。
1度でシミが薄くなったり、トーンアップを実感できたりする方もいますが、シミの濃さ・サイズ・種類・量・肌質などによって照射回数には個人差があります。
繰り返し照射を受けることで、段階的にメラニン色素を破壊・排出していきます。

照射の頻度は、一般的に2〜4週間置きです。
シミの状態や経過によって頻度は異なりますので、医師に相談してみましょう。

◇ 照射回数の目安

  • ・ 薄いシミやそばかす、くすみ、色むら:3回
  • ・ 濃いシミやそばかす、肝斑:5〜7回

PICOトーニングの値段相場

PICOトーニングの値段を計算

PICOトーニングはどれくらいの料金で受けられるのか、全国に医院数が多い美容クリニックを中心に料金を調べてみました。
照射の範囲が“顔全体”の場合と“その他の範囲”の場合で料金表を分け、安い順にクリニックを並べました。

注意:PICOレーザーは導入されている院が限られている場合が多いので、ご希望の院で取り扱いがあるかご確認ください。


顔全体の照射の料金

顔全体にPICOトーニングを行う場合の料金です。

※料金は税抜です。

クリニック名 回数 料金
湘南美容クリニック 1回 10,000円
5回 45,364円
10回 83,327円
KMクリニック
(新宿院・銀座院)
初回 19,000円
5回 85,500円
10回 152,000円
共立美容外科 1回 19,000円
6回 100,000円
10回 158,000円
品川美容外科
(品川本院限定)
初回 22,330円
2回目〜 31,900円
聖心美容クリニック 1回 35,000円
中央クリニック
(院により料金が異なる)
1回 12,000〜30,000円

顔全体に照射する場合の料金を、安い順に並べました。
1回2万円くらいが平均のようですが、最安値は湘南美容クリニックで、従来のQスイッチレーザーで行うレーザートーニングと同じくらいの価格で受けられることがわかりました。
PICOトーニングは数回繰り返し受けることでより高い効果が期待できるので、予算が気掛かりな方は候補に入れておきたいクリニックです。

また、他のクリニックでも5回や10回などのセット料金だと少し割安になるプランがあるので、医師と相談してまとまった回数が必要ならばセット料金を検討してみても良いでしょう。

その他の範囲の料金

顔全体ではなく、頬などの狭い範囲で受ける場合の料金についてまとめました。

※料金は税抜です。

クリニック名 範囲 回数 料金
品川
美容外科

(品川本院
限定)
頬下/鼻・鼻下/コメカミ/アゴ(各) 初回 5,150円
2回目〜 7,360円
頬骨上/額(各) 初回 6,870円
2回目〜 9,810円
KM
クリニック

(新宿院・銀座院)
両頬 初回 9,000円
中央
クリニック

(院により料金が異なる)
頬のみ 1回 12,000〜20,000円

クリニックによっては上記のように顔全体だけでなく、頬などの気になる範囲だけ受けられる料金プランを用意している場合もあります。
顔全体よりも少し安い料金設定になっているので、「頬だけが気になる!」というような方にお勧めです。

PICOトーニングの副作用・注意点

好転反応がある場合がある

PICOトーニングを行うことで、ニキビ・水泡・赤みなどの副作用が起こる場合があります。1週間程度で自然に治ります。

紫外線対策が必要

レーザー照射を受けた部分は、紫外線を浴びると過度な刺激となってしまい、色素沈着やシミの再発に繋がってしまうことがあります。
これまで以上に、UVクリーム・日傘・帽子などで紫外線対策を行いましょう。

保湿をする

レーザー照射を受けた部分は乾燥しやすくなるため、保湿をしっかり行いましょう。

受けられない方もいる

下記の項目に該当する方は、事前に医師へ相談するようにしましょう。

  • ◇ 

    リウマチ、アトピー、てんかん、前癌病変、悪性腫瘍、出血性疾患などがある方

  • ◇ 

    ステロイドを服用している方

  • ◇ 

    妊娠中、妊娠の可能性のある方、授乳中の方

  • ◇ 

    金の糸、プロテーゼを入れている方

  • ◇ 

    光感受性の強い方、光感受性を高める薬を服用している方

まとめ

PICOトーニングによるシミ・肝斑の改善を検討する人

ピコ秒という極めて短い時間で照射が可能となったPICOレーザーによるトーニングについてご紹介してきました。

従来のトーニングより肌への負担が少ないことや、効果を実感できるスピードが早くなったことは、とても嬉しいメリットです。
しかし、数回繰り返し照射をする必要があるので、金銭的な問題も発生します。
取りたいシミに合わせて様々なレーザー機器が登場していますので、ぜひ一度シミの状態を医師に診察してもらい、最も有効なレーザーがどれなのか医師に相談してみてください。