自宅でシミ取りレーザー治療をやりたい人必見!人気商品はどれ?価格は?

自宅でシミ取りレーザー

シミは年齢と共に深刻化していく、女性のお悩みの一つです。
濃くなってしまったり、数が増えたり、お化粧では隠しきれなくなってくると気になる方が多いようです。

しかし、シミ取りに即効性のある方法はなかなか無いのが現状です…。
クリニックで受けられるレーザー治療は、物理的にメラニン色素を破壊する方法のため、美白化粧品などよりも有効な手段とされていますが、実際にクリニックに足を運ぶのに抵抗がある方も多いようです。

そんな方に人気があるのが、「自宅でできるシミ取りレーザー機器」です。
一体どのようなものなのか、効果や種類、価格を調査してみました。

自宅用シミ取りレーザー機器の特徴

自宅でできるレーザー機器は、クリニックで使用しているレーザー機器よりも弱いパワーのレーザー光を放射でき、自宅でも安全に扱えるように製造された製品です。
一般的には“レーザー美顔器”などと呼ばれています。

  • クリニックは高そう

  • 通うのは面倒、時間が無い

  • 好きな時に簡単に行いたい

という方にはオススメです。

自宅用のレーザー美顔器は「フラクショナルレーザー」という種類で、弱い光で皮膚の内部に刺激を与え、肌の力を活性化させる仕組みになっています。
ターンオーバーを正常化させることで、皮膚に沈着したメラニン色素の排出を促し、徐々にシミを改善していくことを目標にしています。

シミだけではなく、シワやたるみ、キメやハリUP、毛穴の黒ずみや開き、なども合わせてケアができます。

エイジングの根源にアプローチ

引用元:トリア


クリニックのレーザーとの違い

クリニックで行っているシミ取りレーザー治療と、家庭用のレーザー美顔器の違いはどのような点なのでしょうか?
ここでは4つのポイントをご紹介いたします。

1
メラニン色素へのアプローチ方法

クリニックでシミ取り治療をする際のレーザーは、瞬間的に強いエネルギーの光線を放射してメラニン色素を焼き取ります。
一方、自宅用のレーザー美顔器は、メラニン色素を直接的に破壊するわけではありません。
肌を活性化させターンオーバーを促進させることで肌質を改善していくというものなので、少し時間がかかりそうです。

2
痛み

クリニックのレーザー治療では、レーザー照射時に輪ゴムで弾くような痛みを伴いますので、麻酔クリームなどを塗って施術を行います。
自宅用のレーザー美顔器の場合は、痛みはありません
照射後に少しヒリヒリと感じる場合があることもありますが、すぐに治る程度です。

3
ダウンタイム

クリニックのレーザー治療は、レーザー照射後1週間がダウンタイムで、火傷のような状態になるので保護テープをして過ごすなどが必要になります。
自宅用のレーザー美顔器の場合は、弱い光を照射するため火傷などは起こらず、すぐに治る程度の赤みくらいです。

4
価格

家庭用のレーザー美顔器は、6万円前後の価格で販売されています。
LEDフォト機能のものなら1万円程の商品もありそうです。
クリニックでレーザー治療を受ける場合、直径5mmのシミで5,000円くらいで受けられるので、ピンポイントでシミ治療をするならクリニックのほうが安いかもしれません。
シミがたくさんある場合や、かさぶたになるダウンタイムが困る場合は、自宅でのケアを試してみてもいいですね。

自宅でシミ取りレーザーをする際の注意点

クリニックに行かずに、自宅で好きな時にケアできる家庭用レーザー美顔器ですが、注意しなければいけない点もあります。

1
シミそばかすが濃くなる場合がある

家庭用の光脱毛器を利用して、シミ取りに使用するという方法がネット上で回っています。
光脱毛とシミ取りのフォトフェイシャルは原理が似ていますが、シミ取りに使用することは危険です。
炎症反応が起きてしまい、シミが濃くなってしまうなどのリスクがありますので、自己判断で自宅でのシミ取りは行わないようにしましょう。

2
肝斑を悪化させる可能性がある

肝斑はシミのようにはっきりとした色素斑ではなく、モヤモヤっとしたくすみや色むらが頬などに左右対称に現れる症状です。
そのため、自分に肝斑があると気がついていない方も多く、非常に識別しにくい症状です。
肝斑は刺激や摩擦で悪化する恐れがあるので、美顔器が原因で濃くなったり広がったりしてしまう可能性があります。
くすみや色むらに思い当たる方は、まずは肝斑があるか医師の診察を受けておくと安心でしょう。

3
シミに効果がない美顔器を買わないように

家庭用の美顔器は数千円のものから数十万円のものまで、とてもたくさんの商品が販売されていますよね。
機能は、EMSやRF(ラジオ波)、イオン導入や導出、エレクトロポレーション、LEDフォトなど、様々なものがあります。
そのため、どの美顔器も魅力的に見えますが、クリニックで受けるシミ取りレーザーと同等の効果があるものはほとんど無いのが現状です。
低出力のLEDや、肌の汚れをクリアにするような家庭でも安全に扱える機能のものが中心です。
せっかく買ったのにシミに効果的な機能が付いていなかったということになりかねないので、機能と効果をよく見て選ぶようにしてください。

自宅用シミ取りレーザーの商品紹介

1
美ルル クラッシィ
美ルル クラッシィ

美ルルクラッシィは、さまざまな機能がついた複合機です。
複合機はたくさんのメーカーから発売されていますが、たるみケア(EMSやRF)や美肌ケア(イオン導入導出)などの機能が主流です。
そんな中、こちらの美顔器はLEDによる光エステ機能が付いていて、シミやくすみに効果的なイエローのLEDライトを放出することが可能です。
LED機能が付いた美顔器はいくつか出回っていますが、レッドやブルーのカラーが一般的で、イエローならこちらの美ルルがおすすめです。
光なのでレーザーのような高い効果はありませんが、日々の美肌ケアを積み重ねてシミ・くすみをケアできるでしょう。

価格 定期コース
初回 11,980円(税込)
効果 シミ、ハリ、キメ、エイジングケア、透明感アップ
特典 ・充実コスメ4点セット付き
・初回プレゼント特典あり
・割引が付く定期コース

公式ページでは、美ルルクラッシィの5つの機能がわかりやすく紹介されています。
シミ以外の肌悩みをお持ちでしたら、1台で活躍してくれそうですね。
価格が安いので、自宅ケアを続けられるか心配な方にも試しやすい価格です。

2
トリア・スキン エイジングケア レーザー
トリア・スキン エイジングケア レーザー

フラクショナルレーザーなので、効果はお肌のエイジングケアがメインです。
ハリ弾力の低下にお悩みの方におすすめです。
シミを消失させる効果は期待できませんが、予防効果はあるようです。

価格 66,000円(税込)

割引価格
55,810円(税込)
効果 シミ、ハリ、キメ、エイジングケア
特典 ・30日間返金保証あり
・2年間の品質保証付き

公式ページでは、使い方がよくわかる動画や、購入者の口コミも掲載されています。
少々お高いハイグレードな美顔器ですが、本格的なフラクショナルレーザーを自宅で行いたい方におすすめです。
自分に合いそうかどうか、ぜひチェックしてみてください。

3
ビューティーレーザー890
ビューティーレーザー890

美容大国韓国発の自宅用レーザー美顔器「ビューティーレーザー890」。
890nmの波長を照射することができ、皮膚の奥の層まで届くことで肌細胞を活性します。
フラクショナルレーザーではありませんが、こちらもFDA認可済み。
メラニン色素に反応するので、シミやそばかすをケアする事ができます。
出力はクリニックよりも低く、家庭でも安全に扱えるようなレベルですが、“シミ取りレーザーの家庭用”と言える美顔器です。

価格 59,800円(税込)
効果 シミ、ハリ、キメ、エイジングケア
特典 ・1年間の品質保証付き

公式ページではユーザーの体験談を見ることができます。
韓国では支持されているメーカーのようですが、日本でも認知度はあまり高くない点が懸念されます。
よく公式ページを読んでご検討ください。

自宅でシミ取りができる美顔器を3つご紹介しました。
様々な美顔器がありますが、残念ながらクリニックで受けるシミ取りレーザーのような高い威力を備えた家庭用機器はありませんでした。

シミのタイプや肝斑の有無によってケアの方法は異なり、最悪の場合濃くなったり悪化させたりしてしまいますので、美顔器を買う前に1度医師の診察を受けてみることをお勧めします。

当サイトでは、編集部のスタップが実際に美容クリニックでシミ治療を受けた感想や経過をまとめたページをご用意しています。
下記のページからご覧いただけますので、ぜひご参考にしてみてくださいね!



まとめ

レーザー治療を自宅で行える商品は、クリニックで行うレーザー治療と方式が異なり、少しずつ肌の状態を改善していくものでした。

自宅でできる点はとても良いですが、美白化粧品などと同様に、効果を実感するまでに少し時間がかかるかもしれません。
しかし、シミだけではなく、エイジングケアも同時にしたいという方にはオススメです。
ぜひご検討ください。